真面目学生が魂込めて作るサイト

真面目 is Life

受験 英語

「英文解釈」とは?勉強法やおすすめ参考書を紹介!

更新日:

ページのまとめ

TOEICや大学受験で英文がスラスラと読めない方向けに「英文解釈」をご紹介します。

スポンサーリンク

英語力を引き上げる「英文解釈」とは?

突然ですが、みなさんはこの英文が読めますか?

The thing that saves most of us from feeling terrible about our limited intellect is some small part of our personality or character that makes us different

この英文がスラスラと読めた方は、「英文解釈」がしっかり出来ています。微妙だな・読めないという人は、「英文解釈」を鍛える必要があります。

英文解釈とは、英文の構造を正しく把握し、正確に文章を読む技術のことを言います。そして、ほとんどの人はこの英文解釈が出来ていないがゆえに、英語力を伸ばせていません。才能がある人や、帰国子女だと、自然と英文解釈が出来ているので大学受験やTOEICでも高得点を出しやすいです。

しかし、多くの人は、「英語をこんなに勉強しているのに、どうして成績が上がらないのだろう?」と思っているのではないでしょうか。

そんな時にみなさんの英語力を大きく引き上げるのが、この「英文解釈」です。英文解釈が出来るようになれば、以下のメリットが得られます。

  1. 長文を迅速かつ正確に読めるようになる
  2. リスニングがかなり聞き取りやすくなる
  3. 和訳が正確に出来るようになる
  4. 英会話において正しい文法で話せるようになる

どうでしょうか。恐らく、英語力を上げたいと思うほとんどの人のニーズに合っていますよね。特に、大学受験生やTOEICを勉強している方はこれを見て、「英文解釈ができるようになりたい」と思ったのではないでしょうか。

そこで、今回は英語力を引き上げる「英文解釈」について、勉強法やおすすめの参考書をご紹介します。

英文解釈の勉強法

「これ以上英語のためにお金は使いたくない」と思った方、英文解釈は独学でも勉強できます。しかし、これはある程度英語力がないと無理ですので(大学受験なら偏差値60程度、TOEICなら600~700点程度)、あまり英語力に自信のない方は、素直に参考書を買ったほうが早いです。

<独学での勉強法>

まず、持っている参考書の中で、読みづらいと感じている長文問題集を用意してください。独学での勉強法は以下の通りです。

  1. 全文にSVOCM(主語・動詞・目的語・補語・修飾語)を振る
  2. 文章をS、V、O、C、Mのそれぞれのカタマリの集まりとして、カタマリごとに訳しながら読んでいく
  3. その文章を訳さなくても、英語のまま読めるまで何度も読む

この4ステップを踏むことで、英文解釈が出来るようになります。これだけ見てもわからないと思うので、冒頭の英文で説明します。

【例】The thing that saves most of us from feeling terrible about our limited intellect is some small part of our personality or character that makes us different.(慶應義塾大)

「(訳)私たちのほとんどが自らの限られた知性に絶望せずに済むのは、自分たちの個性や性格に、他人とどこか微妙に違う部分があるからである。」

※和訳は分かりやすいように、日本語的に訳しています。

スポンサーリンク

【ステップ1】 英文にSVOCMを振る

f:id:kaekiatnoe:20180816213352j:plain

このように英文にSVOCMを振ります(振り方が分からない人は、後ほどご紹介する参考書を使ってください)。まとまりごとに()でくくり、分かりやすいようにしましょう。

この際、自分で振ったものが正しいかどうかは、身近な人や先生に聞いたほうが良いです。この記事にコメントしていただければ、私が出来る限り添削します!

【ステップ2】 文章をカタマリごとに訳しながら読んでいく

The thing [that saves               (most of us)                 (from feeling terrible)

もの         [救う            (私たちのほとんどを)          (絶望することから)

(about our limited intellect) ]              is    (some small part of our personality or character)

(私たちの限られた知性について)]    は   (私たちの個性や性格の何か小さい部分である)

[that makes us different].

[私たちに違いをもたらす]

日本語訳の部分だけ追っていくと、なんとなく意味は分かりますよね? この文章を、頭の中だけで英語の語順で読めることが、まずは大事です。この読み方は、英語を英語のまま読むために必要な訓練であり、これが出来るようになると、いわゆる「速読」が可能になります。

【ステップ3】英語のまま読めるまで何度も読む

ステップ2で英文を訳しながら読みましたが、ここでは文章を白文(何も書いていない状態)で、訳さずに何度も読んでいきます。つまり、頭の中で日本語に訳しながら読むのではなく、英語を英語のまま読んでいきます。この状態まで来れば、読むスピードも段違いに上がっていると思います。

スラスラ読める状態になれば、その文章での英文解釈はマスターしたことになりますので、スラスラ読めるようになるまで最低5回は読みましょう。

<参考書での勉強法>

参考書で勉強される方は、今からご紹介する参考書が言うとおりに勉強していただければ、自然と英文解釈が身に付きます。ただし、同じ文章を最低5回は読むようにし、確実に1つ1つマスターしていきましょう。

【英文読解入門基本はここだ!】

英文解釈を全く勉強したことがない方は、この一冊から始めると良いでしょう。非常に簡単な英文から、やや難しい英文までをバランスよく扱っており、英文解釈の基礎はこの一冊で完璧です。

【ポレポレ英文読解プロセス50】

ある程度英語が得意な方は、上記のハイレベル版であるポレポレを勉強すると良いでしょう。この参考書に載っている英文は非常にレベルが高いため、例題50すべてをスラスラ読めるようになれば、英文解釈が完成します。この本を終えれば、読解スピードの向上はもちろん、リスニングも聞き取りやすくなっているはずです。

【英文解釈の技術100】

ポレポレなどと同じく大学受験用の参考書です。ポレポレの2倍例題があり、演習量をこなしたいという人にはこちらがおすすめです。解説はポレポレよりも論理的な語り調で、感覚的な説明はあまりないです。こちらもハイレベルなため、初学者は【英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版】をやることをおすすめします。

まとめ

英文解釈」は、英語を使う上で様々なメリットをもたらします。今まで単語や文法しか勉強しなかった人や、大学受験やTOEICで思うように点数が伸びない人は、ぜひ「英文解釈」を極めて、周りから尊敬されるような憧れの点数を獲得しましょう!

スポンサーリンク

-受験, 英語

Copyright© 真面目 is Life , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.