ガジェット

【B41 Switch】Nintendo Switchのコントローラーにおすすめの格安プロコン!

Keito Ochiai

大学を飛び級で卒業後、MBA(経営大学院)に進学して経営戦略と会計を学ぶ。現在は、データ分析を用いて企業との共同研究に従事。趣味は読書とSwitch、カラオケ。最近はアソビ大全のトイテニスを極めてます。

f:id:kaekiatnoe:20181203201941j:plain

スポンサーリンク

ョイコンの左スティックがおかしくなり、左側に常に曲がるようになってしまったので、プロコンを購入しようと迷っていたところ、格安プロコンを発見!

純製品と比べれば質は落ちるのは仕方なし、と思っていましたが、価格の割にコスパが最高だったので記事にしました!

この記事では Nintendo Switch向けにBEBONCOOLが発売している格安プロコン、「B41 Switch」についてレビューしていきます!

 基本情報

価格

純正のプロコンと比べるとかなりのコスパの良さです。これが非正規品の最も良いところとも言えます。現在の詳しい価格についてはリンクから見てみてください。

接続

Bluetooth接続です。Nintendo Switchとのペアリングの際は、「Y+HOMEボタン」を押しながらペアリングします。

 

f:id:kaekiatnoe:20181203211151p:plain

 

設定→コントローラーの持ち方/順番を変える、に進み、ペアリングを開始します。

 

f:id:kaekiatnoe:20181203211156p:plain

このような画面になれば接続完了です!(画像はジョイコンで撮影しているため、プロコンのマークのみ出ればOKです

見た目

f:id:kaekiatnoe:20181203201941j:plain

f:id:kaekiatnoe:20181203211600j:plain

f:id:kaekiatnoe:20181203211616j:plain

見た目はこんな感じです。3枚目の真ん中には充電用のマイクロUSBケーブルがさせる箇所があります。R1,R2,L1,L2ボタンもしっかりありますね。

※今まではジョイコンを使用していたので、純正のプロコンとの比較ではありません。

見た目はまずまず。Amazonの写真より少し大きいかな? というくらいで、プレステのコントローラーを少しばかり大きくした感じです。配色やデザインについては、あまり安物感がないところがGood。価格の割には高級感があふれる感じで良いと思います。

スポンサーリンク

使用感

ジョイコンと比較すると、なんといってもグリップ感が素晴らしいです。これぞコントローラーといった感覚があり、握りやすさはこちらに軍配が上がるでしょう。ただし、ジャイロセンサーの挙動はジョイコンと多少違います。

具体的には、ジョイコンでカメラを回すと「キビッキビッ」とかくかく動くのに対して、こちらはスムーズに回る感じですね。僕はスプラトゥーンメインでSwitchを使用していますが、今のところプレイに問題はありません。

あくまでも慣れの問題といったところでしょうか。

ボタンの感覚もとても良いですね。ジョイコンのボタンが「カチカチ」という軽い感じなのに対し、「カタカタ」のような、しっかりとした押し心地がします。しかし、重いわけではなく、ボタンを押した! という感覚があります。

重量はプレイ中には気にならないくらいの重さですが、ジョイコンよりは多少重いです。

また、ジョイコンと違ってSwitchを起動する度に「HOMEボタン」を長押しする必要があります。この点に関しては全く気になりませんでした。

 

 

バッテリー

充電式なので使いやすいですね。説明には1時間半程度の充電で8時間以上の使用、とありましたが、実際はそれよりも長い時間使用できそうです。充電時間は正確に測っていませんが、おおよそ説明通りといったところです。

耐久性

公式の説明通り、ABS素材が使用されていて耐久性は高そうです。既に2回ほど床に落としましたが、傷はついていません。

まとめ

ジョイコンと比べ、コスパも良く大満足です! 機能面では正規品に決して負けていないと思います。次はプロコンを買って比較レビューしていきます。

スポンサーリンク

サムネイル画像はAmazonより転載

Twitter(フォローや質問等)
メールでの質問やお仕事依頼

人気記事

no image 1

1日2時間でTOEIC800点台へ。就活や昇進に使える、超効率的な勉強法。
その秘訣とは……
1:基礎力を底上げすること
2:戦略的に解くこと

2

本稿では、転職における「市場価値」を高めるための方策を提案します。本稿で扱う内容は、すべて経営戦略に基づいたものになっており、「そもそも市場価値とは何か」といった定義から、「市場価値を高めて維持する方 ...

© 2020 Diligent Life